乳がんの多発骨転移が分かった経緯は、背中の痛みです。背中に激痛が走り、最終的には起き上がることができず起き上がるまで数分かかる状態でした。最初は背中にモーラステープを貼って痛みをごまかしてました。ありがたいことに、起きているときは格好によって痛みがないことがありました。腫瘍マーカーの上昇もあり、当初通っていたクリニックから総合病院でCTやMRIによって多発骨転移発覚。画像見ると、恐ろしいことになっていたのですが、一定の姿勢でいると痛みがないことを伝えると、主治医も不思議がってました。しばらくは背中の痛みをかばいながら行動していたのですが、半年後からはじめた化学療法が効いてくれたようで、腫瘍マーカーが激減し、痛みも序所になくなっていきました。なので、今の治療でこのまま上手くいってくれればいいなと思っていたのですが、甘かったです。ほんと、残念。。。
[PR]
# by nyugan2017 | 2017-03-10 16:50 | 多発骨転移 | Comments(0)

脳転移が分かった経緯

私の脳転移が分かった経緯は、まずめまいと吐き気でした。頭痛は全くなかったです。めまいも一定の格好で横になると、ほんの数秒起こる程度でした。なので、自分が悪い状態なんだと感じることはあまりなかったです。最初は乳腺の病院でMRIを撮ってもらい、発覚しました。その時点で3cm程度の単発の脳腫瘍発覚。でもはっきりした診断はなく、良性腫瘍の疑いとなっていました。翌日に紹介されたガンマナイフを併設した脳外科医のいる病院を紹介。そこで診察後、そのまま強制入院となりました。腫瘍を取ってしまえば今まで通り過ごせるとのことでしたが、いまだに今まで通り過ごせていません008.gif その3日後に手術となったのですが、開けてびっくり、腫瘍は6cmになっており、転移性脳腫瘍だと判明して今に至ってます。それでも、腫瘍を取り除いたあと、麻痺もせず過ごせているのはすごいことなんだろうなと思ってます。手術してくれた先生に感謝です。
[PR]
# by nyugan2017 | 2017-03-10 16:40 | 脳転移 | Comments(0)

朝起きれない

脳の手術(開頭手術)をしてから、朝が起きられなくて困ってます。脳の手術は、思ってたよりもキツかったです。とにかく自分が思ってる通りに体が動かないのです。脳なので、吐き気がすごいのかなと想像していたのですが、吐き気は手術当日のみでした。ただ、両目の焦点が異なっていて、両目でものを見ることができず、つかまり立ちしないと起きたり移動したりできない状態がしばらく続きました。脳なので、回復したり良くなることはないのかなと思っていたのですが、2ヶ月ほどで、両目を開いて一点を見ることが出来るようになったり、移動もつかまらなくても歩けるようになりました。ガンマナイフ前は起きていると頭が重く、頭がだるい日が続いていたのですが、ガンマナイフ後はあまり頭の辛さを感じなくなりました。まだちょっとふらつきはあります。開頭手術後にめまいが起きることも一度もないです。ただ、朝起きることができないのは相変わらずで、いっつも昼過ぎまで寝てしまいます。これさえなければ普通なんだけどなぁ。寝てばかりいるから、寝つきが悪く遅くまで起きてしまう悪循環。とりあえず目先の目標は朝起きることです。
[PR]
# by nyugan2017 | 2017-03-10 16:29 | 脳転移 | Comments(0)

ガンマナイフ施術の2日後にハーセプチンとパージェタの化学療法がありました。ガンマナイフの先生は2日後に化学療法受けるの問題ないとのことだったのですが、やはり調子はあまり良くなかったです。もうちょっと間を空ければ良かったです。この日は診察前の採血もあり、化学療法を3年ほど受けているのですが、その間で一番、CA15-3という乳がんの腫瘍マーカーが低かったです。私は上半身に多発骨転移しているのですが、現在は消えてはいないけど進行が止まった状態で、痛みも全くなく過ごせています。多発骨転移の治療がハーセプチンとパージェタで上手くいってることから、脳転移しても治療変更なしです。次の血液検査は4月になると思います。このまま更に腫瘍マーカーが下がっているといいなと思ってます。
[PR]
# by nyugan2017 | 2017-03-10 16:10 | 乳がん | Comments(0)

ガンマナイフ

ガンマナイフを日帰りで受けてきました。恐怖だったビス打ちは、思ってたような痛みはなく、「緊張を和らげる薬」(眠くなる薬?)を点滴したら、頭がボーっとしてる間にマスク装着は終わってました。私の行っている病院はガンマナイフの担当医が4人いらっしゃるようなので、全員痛くないかは不明ですが、私は痛みなく終わることができました。ガンマナイフの施術も、「緊張を和らげる薬」と「ビスを取る時に痛くならないよう痛み止め」を点滴した後で、「楽にして」といわれた途端、爆睡してしまったようです。サイズの小さい一つなので30分くらいで終わるかなと思っていたのですが、結局2時間以上照射にかかりました。おかしいなと思いながら診察を受けると、やはり他の場所にも新たな腫瘍を見つけてくれていて、2個の照射だったようです。会計までの全ての所要時間は6時間くらい。思ってたより楽な治療でした。ポート入れたときの方が痛かったし、化学療法を受ける日よりも短いかもしれません。次回は5月。造影MRIと診察です。新たな腫瘍ができてるということは、髄液に転移してる可能性があるそうです。更に新たな腫瘍ができてないことを祈ってます。
[PR]
# by nyugan2017 | 2017-03-10 16:01 | 脳転移 | Comments(0)